彼氏がほしい大学生必見!出会いからアプローチ方法まで恋愛事情を徹底分析

「大学生になったら自然と彼氏はできるもの。」そう思っていたのに、周りの友達だけがどんどん夢のキャンパスライフをゲットしていき、自分だけひとりぼっちに…。データによると、大学生の約30%が彼氏持ちだそうです。

そこで、大学で素敵な彼氏と付き合うために、そもそもなぜ彼氏ができないのか、どうしたら素敵な男性と出会えるのかを一緒に見ていきましょう。

気になる男性へのアプローチ方法や、恋愛をする上で必要な心構えも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

彼氏ができない理由とは?

彼氏が欲しいと思っている人は、まずなぜ彼氏ができないのかを考えましょう。

ファッションやメイクが派手すぎる

奇抜なファッションや、派手なメイクは男性ウケはよくありません。男性が思う可愛いとは、シンプルで美しいことを指します。

自分ではおしゃれをしているつもりでも、男性から見たら、奇抜すぎるというふうに思われてしまうこともあるので注意。

男性の好みを理解して、清潔感と気品のある女性になりましょう。気になる男性がいる場合は、その人の好みを取り入れていくことでチャンスが広がるかもしれませんね。

ノリが良すぎて友達止まりになってしまう

彼氏がほしい人は、女の子として見てもらうことが重要です。荒い言葉遣いや、雑な行動、仕草には気をつけていますか?

なんでも許せる関係も大切ですが、仲良くなりすぎると、男女の関係を忘れてしまい、気づけばそこから発展しなくなってしまうなんてことがよくあります。

そうならないためにも、男性のいる場での言動には気をつけましょう。おしとやかで、明るい笑顔を絶やさずにいることが大切です。

ガードが固すぎて男性が近づきにくい

先ほどとは逆に、男性が、近寄りがたいと感じるのも彼氏ができない理由の1つです。

1人でなんでもできてしまう、クールなイメージを持たれやすい人は、男性が距離を縮めにくいと感じてしまいます。

少し抜けている部分や天然な性格は包み隠さず、男性に頼ることを忘れてはいけません。女性らしい可愛いところを出しましょう。

会話が続かない

男性の前でどう振る舞ったらいいかがわからず、会話が盛り上がらないという経験はありますか?

そういうときは、男性の話に対して一つ一つリアクションをしましょう。隙があれば、質問をするのも会話を盛り上げるコツです。

自分が主体でしゃべらなくても、男性の話にしっかりと乗ることで、会話は盛り上げることができます。男性の気分を高めて、聞き上手だという印象を残すことができればさらに良いです。

自分に自信がない

一度失恋をしてそこから恋愛に臆病になっているなど、次の恋愛に進めないという人もいます。

自分には無理だと考えている人は、髪型を変えたり、メイクを新しくしたりして、少しずつ自分の魅力を引き出し、明るく振る舞うようにしましょう。

女性の明るい笑顔は、男性から見て、魅力的なポイントです。

ストライクゾーンが狭い

もしも、あなたが「この人しか好きになれる人はいない」と思っていると、その人と仲良くなれない限り恋愛への発展はできません。

彼氏がほしいなら、視野を広く持って、多くの男性を見ることがも大切です。

顔がタイプでなくても、性格がぴったり合う人もいるかもしれないので、範囲を狭めずに、異性の中身を理解していきましょう。

彼氏を作るために大切なこと

過去の自分とサヨナラする

まずは恋人ができなかった自分に、別れを告げましょう。中身を変えることは難しくても、印象を変えることはできます。

思い切って髪を切ってみたり、自分の顔に合うメイクを研究したり、勇気を出して新しい系統の服装に挑戦してみるのもいいかもしれません。

明るい印象に変えると、初めて話す人でも話しかけやすくなりますよ。そして、勇気を出して人脈を広げましょう。

出会いがなければ恋愛はありませんので、積極的にいろんな人に関わってみるのがおすすめ。最初から異性と関わるのが難しければ、同性の友達を作ってみましょう。友達からさらに友達へ、人脈は広がっていきます。

勇気を出そう

恋愛未経験者に一番必要なことは、勇気を出すことです。もちろん傷つくこともあるかもしれませんが、良い恋愛も悪い恋愛も、全ては貴重な経験です。

社会人になってから良い恋愛をする練習だと割り切って、積極的に動いてみましょう。

いろいろな人とコミュニケーションをとっていく中で自分の長所に気づき、自信を持つことができます。

男女の違いを理解する

大学での恋愛を成就させるために、ここで必要なのが男女の違いについての理解です。自由な時間や自由なお金により、高校から比べて遥かに大人な付き合いができるようになります。

恋人との時間以外にも、サークルにバイトなど、お互いの時間の使い方や価値観を尊重し、受け入れることが付き合いを続ける第一歩となります。

こちらもおすすめ⇒彼氏が欲しいけど出来ない!職業・タイプ別でみる彼氏の作り方を徹底解説

出会いの場はここにあった!

大学で彼氏ができないと悩む人の中には、そもそも出会いの場に足を運んでいないという人が多いです。

データによると、大学生カップルの約50%は学内での出会いがきっかけなんだそう。

しかし、サークル・アルバイトなど、幅広く人脈が広げられるのが大学生の良いところなので、自分から積極的にいろんな人と関わりを持つようにすれば、自然と気の合う男性を見つけることができるでしょう。

きちんと大学に行く

毎日ちゃんと大学に行っていますか?これが意外と大事なので、授業やサークルには、なるべく真面目に出席しましょう。

同じ授業を受けている人とは、そこでまずひとつの共通点が生まれているので会話につながります。ノートを見せてもらったり、先生の話で盛り上がることもできますね。

またサークル内に好みの人がいなかったとしても、先輩や後輩などを通じて、新たな出会いがあるかもしれません。

イベント

クリスマスやバレンタインデーなど1年を通して、カップルのためのイベントはたくさんありますね。新しいカップルもたくさん誕生します。

また、学園祭などイベントの準備は、今まであまり深く関われなかった人の人柄を知る絶好のチャンス。夏には花火、冬にはイルミネーションなど、思いを馳せていた人に告白するきっかけにもなりますね。

しかし、雰囲気に流されてその場ではOKしたものの、イベントが終わってみたらあまり魅力を感じなくなってしまったという場合も多いのが事実。

真剣な交際をしたいという人は、周りの友人がみんな彼氏がいるからといって、誰でもいいやと考えるのではなく、しっかり自分の気持ちと向き合うようにしましょう。

同じ趣味を持つコミュニティに参加する

サークルに無所属の人や、課題や研究の忙しい理系の学生の中でも、交流関係があまりない人は、男性と出会うチャンスも減ってしまいます。

理系の学生は、文系と比べて、課題や研究が忙しく、出会いが少ないということもあるようですが、自分の趣味を楽しめるコミュニティーに少しでも参加することで、趣味も楽しみつつ、素敵な出会いを見つけることができます。

同じ趣味を持った人と出会うために、社会人とも交流のできる勉強会もおすすめです。

マッチングアプリを利用する

出会いの場を見つけるのが難しいという人は、マッチングアプリを使うのもおすすめです。

利用者が600万人を超えるマッチングアプリ「ペアーズ」はFacebookと連携しているのでセキュリティも万全で、自分にあった年代から好みの男性を探すことができますよ。

もちろんFacebook上の友人にバレたり、勝手に投稿が行われることはないので安心してください。

ペアーズに登録して同じ趣味の人と出会う

合コンに参加する

大学に進学すると合コンをする機会もあるでしょう。こういった場を積極的に利用すると出会いも増えます。

合コンの時は、張り切り過ぎない身なりでシンプルにコーディネートし、会話が始まったら相手にどんどんと質問をして盛り上げるのがコツです。

また、男性と話すのが苦手な人は、自分から話題を振らずとも、男性の話に対してしっかりとリアクションをしましょう。

会話に慣れてきたら、質問をしてあげると男性も話しやすくなり、合コンの場自体も楽しくなって好印象を与えるかもしれません。

上手なアプローチ方法とは?

好きな人ができたら、アプローチをしましょう。自分にもっと興味を持ってもらうことで距離を縮めることができます。

二人きりで会うのにはまだ早いかな?と考えている人は、サークルやバイトの男女を誘って、少人数で遊んだり、飲みに行く予定を立てましょう。

では、男性とコミュニケーションをとるときのコツはどのようなものがあるのでしょうか?

たくさん褒める

誰でも褒めてもらえると嬉しいものです。最近は、男子でも髪型やファッションなどにこだわりがある場合も多いので、良いと思ったら素直に口に出して褒めてあげましょう。

心理学では、接触が多い人により好印象を抱くという結果も出ています。毎日こまめに話しかけることで、いつの間にか気になる存在になることもできるかもしれませんよ。

あまり多くの男性にこれをやると、誰にでも優しいという印象になり、好意が伝わりにくくなってしまう場合もあるので、気になる男性がすでにいる人は、その人を褒めるようにしましょう。

デートに誘う

大学生にもなると、カップルでなくても、男女2人で出かけるという人は多いです。あまり気負わずに、気になる人をデートに誘ってみてください。

「この映画が見たい。」や「あそこのイルミネーションを見てみたい。」など、どこに行くかを自分から提案すると、相手もOKをしやすくなります。

いきなりだと相手もびっくりしてしまうので、LINEやサークル内などである程度話をし、距離を縮めてから誘うのがおすすめです。

告白をする

好きな人がいてもなかなかその先へ進めない方は、いっそ告白してしまいましょう。

告白にはしっかりと計画を練ることが大切。時間はできれば夜、夜景などの明かりがロマンティックな場所で、いざとなった時噛まないように告白の言葉もしっかりと考えましょう。

自分から告白する勇気がない、という方は「男心をつかむモテ仕草とテクニック:4ステップであなたもモテ女に!」を参考にして、好きな人に告白してもらえるように誘導しちゃいましょう!

Tags

ライター

there

читайте здесь