女性の同性愛者の特徴・見分け方:あの子はレズビアン?

近年では性的少数派であるLGBTについての理解者が増えつつあります。世の中には自分が同性愛者かもしれない、または友人が同性愛者かもしれないという悩みや疑問を持っている方も少なくないでしょう。

異性を好むヘテロセクシュアルの方にも様々な特徴を持った方がいるように、同性愛者であっても特徴は様々です。そのような女性の同性愛者はどのような特徴を持っているのでしょうか。

科学的根拠はありませんが、今回はネットなどで言われている女性の同性愛者の特徴をまとめてみました。

また、近年のマッチングアプリの登場によって、より気軽に同性のパートナーを見つけることが可能になっています。周りにバレずに同性の恋人を作るのにはマッチドットコムがおすすめ。世界25カ国で使われている世界最大級のマッチングアプリで、累計会員数は187万人。登録は無料なので、この機会にお試しください。

女性の同性愛者・バイセクシャルな人の特徴・見分け方

まず最初に女性の同性愛者の特徴をご紹介します。女性の同性愛者はボーイッシュな見た目や言動をしていたり、結婚に興味がなかったり、ボディタッチが多かったり、男性のことが嫌いなことが多いようです。

このように、女性の同性愛者に見られる特徴を詳しくご紹介します。

ボーイッシュ系の見た目や言動

レズビアンとして女性にモテるために、男性風の格好をしているレズビアンは多数います。髪型や服装、趣味のセンスなどが何かとボーイッシュであったり、言葉遣いが男っぽかったりするのは、レズビアンの特徴と言えます。

ボーイッシュ系は男性のような振る舞いが目立ちますし、言動や服装も男性らしさを意識している場合が多く、女性っぽい振る舞いをするフェミニン系よりは分かりやすいかもしれません。

結婚・婚活・合コンに興味がない

レズビアン女性の場合、女性が恋愛対象であるため、男性が眼中にない場合が多いです。ですから異性との恋愛や結婚の話には関心がありません。

恋愛対象ではない男性と、わざわざ接点を持つのは時間の無駄だと感じているレズビアン女性は、必要ない集まり、例えば合コンなどには参加しません。

結婚の話に関心を示さないのは、本当に結婚願望のない女性かレズビアン女性のどちらかなことが多いでしょう。

長く恋人がいない、偽の恋人がいる

レズビアン女性は、自然と恋人がいない女性と一緒にいます。

たとえ女性の恋人がいても、周囲に本当の関係性を話しづらい時は、似たような境遇に協力してもらったり、信用できる友人に恋人代理をしてもらうこともあるようです。

世代によっては、親や周囲との不和を解決する目的で、偽装結婚するまでに至ったケースも聞かれます。

同性へのボディタッチ・スキンシップが多い

恋愛対象には、思わず触れてしまいたくなるもの。過度なスキンシップをしている人の中には、バイセクシャルの方やレズビアン女性が隠れている可能性があります。

やたらと触れてきたり近い距離で話をしてきたり、普通の友人関係とは思えないような距離を取る場合があります。ボディタッチに好意を感じる場合、特に女性同性愛者である可能性が高いです。

視線

性別に関係なく、隠すことが難しいのが視線です。好みの相手を見る目だけは、誰でも隠しようがありません。

視線は相手の好意を見分けるには最もカンタンな方法で、映画やドラマでも同性愛者が互いの存在に気付くきっかけとして度々描写されています。

レズビアン同士であれば、自然と視線を察知できるのかもしれません。

手を繋いでいる

仲の良い友達同士で手を繋ぐのは珍しいことではないですが、だいたい中学生や高校生までです。

大人になっても手を繋いでいたり、相手がボーイッシュな見た目の女性の場合、女性同性愛者の可能性があります。

ボーイッシュな女性というのは、髪型がショートカットであったり、スカートよりもパンツを好み男っぽい服装をしている人のこと。そしてすっぴんであることが多く、あまり化粧をしません。

男性が嫌い

女性同性愛者の見分け方として男性の友達が多いということを前述しましたが、男性嫌いというパターンもあります。

好きな同性の友達と、男性が仲良く話しているのを見ると嫉妬してしまい、男性のことが嫌いだと感じるようになるのです。

また幼少期に父親から暴力を振るわれた経験から、男性のことを嫌いになった女性同性愛者もいます。

人差し指より薬指の方が長い

外見的な特徴としてあげられるのが、人差し指より薬指の方が長いこと。実は男性ホルモンが関係しているのです。

母親の胎内にいた時に男性ホルモンをたくさん浴びると、薬指の長さが人差し指よりも長くなると言われています。男性ホルモンを強く受けることによって、性的志向が同性に向けられる場合があるのです。

これらの理由から、女性同性愛者の見分け方として判断されるようになりましたが、100%確実ではありません。

水商売をしている

男性を商売相手、パートナーとして割り切っている女性は、レズビアンになりやすい傾向があります。

男性を近くで感じすぎて、男性の魅力がなくなり、女性に興味を持ち始めるようです。

女性は親友に対して、恋愛感情に近い気持ちで接することがあります。特に思春期には、親友に対して恋とも言える感情があった女性も多いことでしょう。

レズビアン・バイセクシャルが好む女性

女性の同性愛者はどのような女性を好むのでしょうか。

異性愛と同様に相手の好みは千差万別ですが、サバサバ系、ミステリアス系などレズビアンに好まれやすい女性の特徴があるようです。

女性の同性愛者のタイプはどのような女性なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

サバサバしたかっこいい女性

女性は、頼りがいのあるかっこいい人を好む傾向があります。この傾向は、異性愛者でも同性愛者でも言えることです。

そのため、女性同性愛者もサバサバしたかっこいい女性を好みます。

かっこいい女性は、女性が持っている乙女心を刺激します。

男友達が少なそうな女性

上記で説明した通り、女性同性愛は男性を嫌う傾向があります。

女性同性愛は本能的に男性と恋愛をたくさんしている人に、自分とは違う存在、不潔である、嫌悪感を持っています。

そのため、同性のパートナーも男性の気配が少ない人を好むようです。

ミステリアスな女性

異性愛者だけでなく、女性同性愛もミステリアスな人に魅力を感じることが多いです。

ミステリアスな人は何を考えているかわからないところがあるため、女性同性愛はもっと知りたいと思って恋心を抱いてしまうようです。

女性同士の恋愛の特徴

ここまで、女性の同性愛者の特徴と好きなタイプをご紹介しました。

ボーイッシュなところのあるレズビアンは、どのような恋愛の特徴があるのでしょうか。

妊娠がなかったり、異性の親友ができることが多いようです。このような恋愛の特徴を詳しく見ていきましょう。

妊娠がない

100%妊娠はありえません。

愛してる人、パートナーの子供を産んで育てたいという思いはもちろんありますが、女性同士の性交で妊娠は不可能です。

両家の両親に孫の顔を見せてあげる事ができないという辛さ、申し訳なさがカップルを苦しめてしまう場合もあります。

しかし、現在は精子バンクや養子縁組などを利用して子どもを育てることもでき、母親になる夢を叶えるカップルもいます。

異性の親友が出来る

異性愛者が同性の友人をつくるように、同性愛者は異性の友人をつくることができます。

例えば、レズビアンやゲイの人たちが映画やドラマの中で異性と親友関係、という設定をよく目にしませんか?異性に恋愛感情を抱かないからこそ、男女間で真の友情を築くことができるのです。

ただ、彼女が彼氏の女関係に嫉妬をするのと同じように、恋人の同性の友人に嫉妬をする場合もあります。

結婚や妊娠に関わること以外の多くの点では、同性愛者も異性愛者も変わりはありません。

女性の同性愛者の悩み

女性の同性愛者のカップルは、同性同士であるからこその悩みを持っています。

同性であるからこそ相手の気持ちが分かりすぎてしまったり、相手が女友達と遊ぶのにも嫉妬してしまったりと、異性カップルとは違う悩みだったとしても、恋愛に悩みはつきもののようです。

それでは、女性の同性愛者の悩みはどのようなものなのでしょうか。詳しくみていきましょう。

相手の行動が分かりすぎてしまう

異性であったら何を考えているか分からないとことがあります。分からないということが、ドキドキ感を増加させて恋愛をより楽しくしているところもあります。

しかし、女性同士であったら多少は何を考えているか分かってしまします。

そのため、異性のカップルより、傷のつき方が深い場合があります。

相手が女友達と遊ぶのに嫉妬する

パートナーはただの女友達と遊んでいるだけなのに、その女友達を恋愛対象として見ているのではないかと嫉妬してしまうことがあるようです。嫉妬してしまうことは異性カップルでもありますが、同性だからこそ、難しいところがあります。

ただの友達なのか、恋愛対象として見ているのかが異性カップルと比べて分かりにくい同性愛者特有の悩みといえます。

周りにカップルと言えない

これが一番大きな悩みと言えるでしょう。

同性愛者に対する理解が徐々に広まってはきているものの、まだ同性愛者に差別がない世の中にはなっていません。そのため、周りの人に同性愛カップルであることを公言しにくいです。

周りの人にカップルであることを言ったときの反応が予想できないため、カップルであることを公言できず、同性愛者は悩んでいます。

おわりに

同性愛に関して理解が広まりつつあることからカップルも多く誕生しています。

しかし、周りにカミングアウトするのはやっぱり勇気がいるもの。そんな時こそマッチングアプリを使ってみてください。欧米では結婚したカップルの12%がインターネット経由で出会ったという報告もあります。

世界最大級のマッチングアプリ「マッチングコム」は、日本でも利用されており、60%の登録者がメール交換を始めてから1ヶ月で交際に発展しています。また、他のマッチングアプリでは、女性で登録すると自動的に男性を検索する画面になってしまいますが、マッチンドットコムは、欧米でも多くの人が利用されているため、同性愛者にも優しい仕様設計になっています。

Tags

ライター

подробно unc-mps.com.ua

там arbud-prom.com.ua