キスの感触を知りたい…初キスの感覚を再現する方法まとめ

キス未経験の人にとっては、初キスの感覚はとても気になります。いざという時に備えておかないと、どのタイミングで人生初キスが訪れるか分かりません。

急にキスされたらびっくりすること間違いなし。事前にキスの感触を頭のなかでイメージしておくことが重要です。

キスと行っても種類はさまざま。フレンチキスやディープキスの感覚も人によって異なります。

そんな誰しもが一度は考えたことのある「キスの感触」について紹介します。再現する方法も紹介するので、興味があれば試してみて下さい(笑)

また初キスに備えて、準備を万全にしておきたいという方は、普通のグロスではなく、キス専用の美容液がおすすめ。魅力的な唇に仕上げてみることでキスされる確率を高めます。唇専用美容液「ヌレヌレ」では、男性が自然と引き寄せられるような唇を仕上げることができます。

キスの感触を例えるなら?

王道のマシュマロ

ふわふわした唇の感触がマシュマロみたいだったという意見が、やはり男性を中心に多いです。こちらはキスというより唇の柔らかさの例えということでしょう。

弾力とハリのある、甘いマシュマロに例えられるキスは、童貞男子にとっては憧れの的。逆に男性の唇は、女性よりもケアを怠っているため、カサカサしている可能性が大。男性も唇を保湿する必要があります。

他にも果汁グミや、雪見だいふくといったお菓子に例えられる場合もあります。

ディープキスはナメクジとこんにゃく

ディープキスはナメクジやこんにゃくに例えられるようです。マシュマロに比べると少し生々しいですね。

でも確かに、生暖かい舌が口の中で動く感触は、なんとなくナメクジを連想させるかも。そして、食べ物ではこんにゃくの絶妙な弾力が、ディープキスを表すのにはベスト。ちょっとロマンがないですが、あまり経験のない女性にとって、ディープキスは未知の領域。覚悟して挑みましょう。

二の腕の弾力でキスを再現

実は、二の腕の感触は唇の感触に似ているんだとか。キスを再現したいなら、他の部位よりも二の腕にキスしてみるとリアルな感触が味わえます。

筋肉も付きにくい部分なので、ふわふわしていて柔らかい感触がキスに似ているのでしょう。キスの感触を試してみたいという方は、寝る前にこっそり試してみてもいいかも。

また手首のしわを寄せ集めて、キスをすると、本物に近い再現ができると言います。

柔らかい唇の基準とは

キスの感触に似ているものはいくつかありましたが、それでもやっぱり本物のキスがしたいですよね。キスで大切なのはテクニックよりも、唇そのもの。せっかくキスのシチュエーションが訪れても、唇がカサカサだと台無しです。

男性が思わずキスしたくなる唇の代表例と言えば、女優の石原さとみさんのような唇ですが、あのようなぽってりとした、吸い付きたくなるような唇はどうやったら作れるのでしょうか?

いつかくる大好きな人とのファーストキスに備えて、唇を色っぽく仕上げておきたいという方にはキス専用美容液「ヌレヌレ」がおすすめ。

男性は初対面の女性に合った時、10秒のうち7秒間は唇を見ているそう。そのくらい唇は男性に見られている場所でもあり、女性の魅力を表すパーツでもあります。

ヌレヌレは、キスがしたくなる唇を目指して独自に研究された美容液で、唇に吸い寄せられてしまいそうな香りとふっくらした唇になるのが特徴。いつなにが起こるのかわからないので前もって準備しておきましょう!

Tags

キス (120)

ライター

有紗

美容とファッションその他諸々流行に敏感な女性ライター。