特定看護師とは何か?その仕事と必要な条件について

数年前から聞く、特定看護師という言葉。特定看護師とはいったい何なのでしょうか。

今回は、特定看護師とは何か、その役割や認定看護師・専門看護師との違い、特定看護師になるための条件とデメリットについてご紹介します。

特定看護師の転職先を探している方にはマイナビ看護師がおすすめです。国内最大級の求人サイトなので求人先の数も多く、自分に合った職場を見つけやすいです。

特定看護師とは?

まず、特定看護師とはいったい何でしょうか。

特定看護師とは、これまでは「診療の補助」に含まれていないとして看護師の業務に含まれなかったことを「医師の指示を受けて」実行することが出来る看護師像のことで、今現在資格として確立しようと厚生労働省が検討しています。

特定看護師は従来の看護師よりも広い業務範囲を持ち、医療チームの中で人をまとめあげコーディネートしていく役割という風に位置づけられています。

いま現在人手の足りていない医師の負担を減らすべく検討されている存在です。

認定看護師や専門看護師との違い

では、特定看護師は今現在ある専門看護師や認定看護師などとの違いは何でしょうか。

専門看護師というのは、「より困難で複雑な健康問題を抱えた人、家族、地域に対して質の高い看護を行える者」という位置づけになっています。

特定の範囲において幅広いケアを行うことができる知識やスキルに加えて、専門分野に対する指導力も求められているのが特徴です。

また、認定看護師というのは、「ある特定の分野において水準の高い看護スキルと知識を有し、実践できる者」という定義される看護師です。

特定の分野に特化した知識・経験をもって集中的にケアする看護師のことです。専門看護師と比較すると、認定看護師の方は分野が細かく分類されているのが特徴として挙げられます。

この2つを特定看護師と比較してみましょう。

特定看護師は、医師の指示に基づき診察の補助を行える看護師ですから、範囲で見ると専門看護師と認定看護師を統合したような形になります。

つまり、幅広い知識や高い水準のスキルが求められることになります。

特定看護師になるには?

特定看護師になるにはどういったことをクリアすれば良いのでしょうか。今現在の規定では、下記の条件を満たしていることが必要になります。

①日本看護協会が認定する当該分野の認定看護師の資格を有すること
②認定看護師の資格取得後、5年以上の経験を有すること
③当該分野の認定看護師としての実践を積んでいること
④研修を受けるに当たり、所属施設の看護部長あるいは施設長の同意を得ていること
⑤出張および研修等で研修中の身分が保証されていること

つまり、認定看護師として5年以上の経験があり実践を積んでいて、かつ上の許可を得て身分の保証のある看護師が、特定看護師養成指定を受けている大学院で修士課程を修了する必要があります。

認定看護師になるための実務経験が5年以上必要であることを踏まえて単純に計算すると、看護師免許を取得した看護師が特定看護師になるためには最短でも12年から13年必要ということになります。

特定看護師のデメリット

では、特定看護師として仕事をするにあたって、理解しておきたいデメリットとは何でしょうか。

まずは、激務に拍車がかかるということが挙げられます。ただでさえ忙しい看護師のお仕事ですが、特定看護師として仕事の幅が広がった時には更なる忙しさが予想されます。

また、仕事の範囲が広がるにあたって、患者の命を危険にさらす可能性や、責任の増加などが懸念されます。特定看護師は医療行為に携わることができますが、あくまで看護師が学んでいるのは医学ではなく看護学のため、ミスや失敗などの可能性は捨てきれません。

加えて、そういったミスがあった場合に、看護師が被る責任の範囲が広まっていくのではないかという点もあります。

特定看護師を考える時には、以上を踏まえたうえで慎重に判断しましょう。

特定看護師の制度としての完成度は?

特定看護師制度は、また不確定の部分が多くあります。

厚生労働省は、2025年までに10万人超の特定看護師の養成をする意向を示していますが、まだ特定看護師に関する新しい発表などはありません。

出来上がった制度がどの様なものになるか、まだ未定の部分が多々あります。特定看護師を目指そうという方は、まずは認定看護師の資格を取ったり、実務経験を積み重ねておきましょう。

特定看護師の転職先を見つけたいならマイナビ看護師がおすすめです。無料で簡単に登録できるので気軽に探すことができます。

Tags

ライター

краска фасадная

learn more

Узнайте про нужный интернет-сайт , он рассказывает про канцтовары киев.