国際看護師の仕事内容や就職方法:日本より給料が1.5倍?!

「国際看護師」という言葉を聞いたことのある方は少なくないのではないでしょうか。

国をまたいで看護をしてみたい、医療の整っていない現場で自分の力を発揮したい、などさまざまな理由から国際看護師を目指している人もいるでしょう。

では、実際国際看護師というのはどういった存在なのでしょうか。

今回は国際看護師の仕事内容や働く国ごとの特徴についてお届けします。

国際看護師として転職したいという方は、マイナビ看護師がおすすめです。国内最大級の看護師求人サイトなので、自分に合った転職先を探すことができます。

国際看護師とは?

国際看護師とは何かというと、「海外の医療機関で働いている日本人の看護師」のことを指します。

「国際看護師資格」など、はっきりした資格があるわけではありません。

現地の国での看護師資格を持ち、その国で看護しとして医療に従事している人のことを国際看護師と呼びます。

また、日本で取得した看護師資格だけでは医療に従事できない国が多くあるので、現地で免許を取得する必要があります。

一方イギリス・ニュージーランド・オーストラリアでは、外国の看護師資格がある看護師には、登録制度という優遇措置によって試験が一部簡略化されるというものがあるので、限定的な資格を取得できる場合もあるようです。

オーストラリアなど一部の国では、その国の看護師資格を取得すると永住権ビザをくれる場合もありますから、「国際看護師として働き続けたい」という人は、そういった制度を調べて利用してみると良いでしょう。

国際看護師に求められるもの

国際看護師として働くにあたって、クリアしなければならない条件は大きく分けて、3つあります。

①現地の看護師資格の取得

現地の医療現場で働くために必ずなくてはならないのが、看護師免許です。

各国の制度により資格取得の条件も異なりますから、事前によく調べておきましょう。

②英語などの語学力

現地での看護師免許を取得や、医療に従事するために一定以上の言語能力が求められます。

実際の現場で働くために、IELTS7.0以上の英語力が求められるケースもあるようです。

③就労ビザの取得

現地に滞在するために必要なのが就労ビザです。

就労ビザなく労働していると、不法滞在などの大騒ぎになってしまいますから注意しましょう。

これらの条件を満たすと、国際看護師として現地の病院などで働くことができます。

国ごとの違いってあるの?

ではここで、国際看護師の勤め先として、人気国であるアメリカ、イギリス、オーストラリアそれぞれの特色について見ていきましょう。

アメリカ

アメリカはなんといってもお給料が良い!

看護師の平均年収が700万円程度と非常に高い水準にあるので、日本よりも高収入を目指すことができます。

また、看護師の地位が日本より高く、医師と対等に議論することができるのも特徴です。

福利厚生も充実しているところも多いとか。

イギリス

1カ月ほどの休暇も取りやすく、働きやすい環境が整っているのが特徴です。

その代わり、お給料の水準が平均年収で300万円から500万円ほどに落ちます。

人生を謳歌したいという人はイギリスが向いているかもしれません。

オーストラリア

オーストラリアは、他の国と比較したときに「資格の取りやすさ」があります。

国際看護師になる場所としてはおすすめです。

また、給与は平均530万と、日本より少し高め。しかし、物価も高く退職金が無いので、日本で働く場合の収入とあまり変わらないと思ってもよいかもしれません。

ボランティアという手もある

「いきなり海外で働くのが不安」と感じる人もいるかもしれません。

そんな人におススメなのが、ボランティア活動を通して国際医療に携わる方法です。

例えば『青年海外協力隊』や、「国境なき医師団」、そして「ジャパンハート」などのボランティア団体があります。

現地活動費は自己負担になりますが、国際看護のための長期研修プログラムを組んでいる団体もあるので、それらを活用すれば、国際看護師としてのスキルを身に着けることができます。

主な派遣先はアジアや中南米、アフリカなどの発展途上国で、困っている人々の手助けが主な活動内容です。

ボランティアなので給与などの報酬が出ることはありませんが、はっきりとした充足感を味わうことが出来るでしょう。

国際看護師の転職先を探すにはマイナビ看護師がおすすめ。無料で簡単に登録ができるので、今すぐ探すことができます。

Tags

ライター

интернет магазин велосипедов

read more steroid-pharm.com

на сайте