ラブホテルの使い方とチェックポイント:はじめてで、不安でも大丈夫!

初めて入るラブホテルって、ものすごくドキドキしますよね。

今回は、これから初めてラブホテルを使ってみようという方へ、一般的なラブホテルのシステムと利用方法の基礎をわかりやすくご紹介していきます。

普段は家でしているため、布団を汚さないように、セックスのための道具を使ったことがない方は、ラブコスメ・リュイールホットも合わせてチェックするのがおすすめです。

リュイールホットは、デリケートゾーンに塗ることで自然な潤いをもたらすことができ、普段とは違った気持ちよさを味わうことができるもの。ラブホテルなら、布団が汚れるといったことは気にせずに使用することができます。

またラブホテルもセックスも初めてといった女性なら、処女喪失の際の痛みを軽減することもできるのでおすすめです。

そもそもラブホテルとは

普通のホテルと何が違うの?

ビジネスホテルなどの宿泊のみを目的としたホテルと異なり、基本的に利用者の年齢制限があります(18歳未満は利用不可)。利用人数は2名が基本で、ベッドはダブルベッド。

一般のホテルは宿泊が基本利用であるのに対し、ラブホテルは「休憩料金」など、短時間での利用が可能というような違いがあります。

また、ラブホテルは一度入室してしまうと、部屋を出るまで、外出できないところが多いので注意が必要です。

どんなラブホテルがあるの?

大きく分けて普通のホテルのような作りのビルタイプ(フロントで部屋を選ぶタイプ)と、個々のお部屋が独立していてそれぞれ駐車場からそのまま直行できるタイプの2つがあります。

ラブホテルへのチェックインの仕方

料金体系はどうなっているの?

ラブホテルの料金は基本的に昼間の利用である「休憩料金」と、一般のホテルと同じように1泊料金宿泊タイプ(午後8時頃または9時頃からチェックインすることができ、翌日は昼頃チェックアウト)の2種類があります。

また、近年主流になってきているのは「フレックスタイム利用」。こちらは、昼夜問わず滞在時間の長さで料金が決まる形態です。

利用時間と料金は入る前に必ずチェック

ほぼすべてのラブホテルでは、利用時間にかかる料金が設定されています。入室する前に、利用時間とその料金をあらかじめチェックしておきましょう。

ホテルの種類や利用する曜日によって、時間と料金はそれぞれ。休憩でも宿泊でも、時間を過ぎると延長料金を取られます。2人の時間をどれぐらい過ごすか、入る前にしっかり頭に入れておきましょう。

部屋選びはパネルで

ホテルに入るとまずは部屋選びから。ほとんどのラブホテルでは、部屋の写真のパネルから選びます。部屋の広さや、人気さなどで各部屋ごとでも料金が違うため、料金もきちんとチェックを行いましょう。

またパネルの写真が明るくなっていれば入室可能、暗くなっていれば先客がいることを表しています。明るくなっているところのボタンを押し、部屋を選びます。

部屋を決めたら、近くの受付でカギをもらったり、発券機から出されたカードをフロントに出してカギをもらいます。忘れずに受け取りましょう。

ドアの鍵をロックするのを忘れずに

部屋に入ったらすぐにでもベッドインしたいところですが、部屋のドアが自動ロックのところは少ないと思っていたほうが安全です。

万が一、間違って他のお客さんが入ってきたらとても気まずい状況になりますね。

入室したらはやる気持ちを抑えて、まずはドアがロックされているかどうかを確認する心の余裕が大切です。

気になるラブホテルの設備は?

一般的に、テレビや冷蔵庫、ポットなどの通常のホテルでも見られるような設備に加え、コンドームなどのアメニティが揃っています。

また、カラオケやコスプレ衣装、ローションに自動販売機(大人のおもちゃなどが販売されているもの)などが備え付けてある部屋もよくみられます。

最近は部屋ごとにテーマがあり、エンターテイメント色が強い高級ラブホテルも。ラブホテル選びも楽しみのひとつです。

部屋に置いてる冊子で利用案内をチェックする

様々な種類のシャンプーやリンスが置いてあるところや、DVDなどを置いてあるラブホテルもあります。

そのほか様々なものを借りれたり、お得なサービス情報が記載されていることもあるので、一度目を通しておくほうがいいかもしれません。

料理やドリンクなどの注文の仕方

ラブホテルでは、一度入室してしまうと外に出られないこともあり、食べ物や飲み物を注文することができます。

フロントに直接電話をして注文を行うタイプと、部屋に備え付けられているリモコンを使って注文をする2つのタイプがあります。きちんとわかりやすく注文の仕方も説明が書いてるので、焦る必要はないでしょう。

注文した商品の受け取り方

商品は係の人が部屋まで持ってきてくれます。商品が届くと、部屋のチャイムがなります。手渡しのところもありますし、部屋を入ってすぐのところに置いてあることもあります。

ホテルによっては朝食が無料でついていたり、ウェルカムサービスのドリンクがついているところもあります。無料なので怖がらずに注文をしてみましょう。

食器などの返却方法

わざわざフロントや受付まで返却をする必要のないラブホテルがほとんどのため、部屋に置きっ放しの状態にしておいても問題ありません。

しかし相手に自分がマナーを守る人だと思ってもらうためにも、ある程度下げやすい状態にしておいたり、商品を受け取った場所に戻しておくのがいいのかもしれません。

ラブホテルのチェックアウトの仕方

退室前に簡単に片づける

彼氏と思いっきり楽しんだ後は、帰る準備を。もちろん退室後はスタッフが清掃しますが、部屋を簡単に整える親切もマナーのうちです。

食事などで出したゴミを捨てたり、布団やバスタオルも広げっぱなしにしないでまとめておくと好印象。

ちょっとしたことですが、彼氏にもさりげない「女子力」をアピールできますよ。

どうやって精算するの?

基本的にはどちらの部屋タイプもお部屋の中に清算機があるラブホテルがほとんどです。基本的に料金清算が済むまでホテルの部屋には鍵がかかったままになっています。

フロントで支払いを行うところや、部屋代を前払いするタイプのラブホテルもあるので、慌てずに対応をしましょう。

また料金は基本的に現金で支払うケースがほとんど。ホテルによってはカードを使えるところもありますが、そもそもカードが使えなかったり使えるカードの種類が少なかったりすることも。

食事などを取った場合は、入室料金と合わせてここで支払いを済ませましょう。

カギを忘れずに退出

忘れ物がないかを確認したら時間内に退室を。この時に入室前にもらったカギを忘れずに、フロントまで持っていきましょう。

カギの手渡しと清算を済ませたらそのままロビーを抜けてラブホテルを退出することが出来ます。また部屋から直結でそのまま駐車場に出ることができるラブホテルもあります。

ラブホテルの使い方まとめ

はじめてラブホテルを利用するときはこの記事を参考にしてください。ラブホテルで女子力のアピールまで、できてしまいます。

せっかくのラブホテルなので、彼とのセックスをいつも以上に楽しんでください!

また、普段は家でしているため、布団を汚さないようにと、何かセックスのための道具を使ったことがない方は、ラブコスメ・リュイールホットがおすすめです。

リュイールホットは、デリケートゾーンに塗ることで自然な潤いをもたらすことができ、普段とは違った気持ちよさを味わうことができます。ラブホテルなら、布団が汚れるといったことは気にせずに使用することができます。

ラブホテルもセックスも始めてという女性は、処女喪失の痛みを軽減することもできます。

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る

обработать фото

www.avtomaticheskij-poliv.com.ua/avtopoliv.html