目は口ほどにモノを言う!視線から読み解く恋愛心理7選

目は口ほどにものを言うといわれますが、視線の動きと心の動きはリンクしていることが多いです。なので、視線の動きで好きな人の心の中を覗く事も可能です。

今回は、視線から読み解ける心理をご紹介します。

1.緊張していると視線を合わせない

相手が目を合わせてくれないと、なんとなく寂しい気持ちになりがちですが、相手は実は緊張のあまり視線を合わせられないのかもしれません。

目をそらされても、じっくりと様子を見た方が良さそうです。あなたがどうでもいい相手だったら緊張なんてしませんから、もしかしたら好意を抱いているかもしれません。

2.見つめるのは好意があるから

あなたは嫌いな人をずっと見ていたくはないですよね。見つめているというのは、気になっている証拠なんです。

何か伝えたいけど伝えられない想いが見つめるという行為に現れています。

3.泳ぐ視線は気持ちも揺れている

人は心が落ち着いている時には視線の動きも落ち着いているものです。

視線が右に左に動いている時は、心が落ち着かなく動揺している証拠ですから、あなたが質問をした時に相手の視線が泳ぐようなら心が動揺して返事に困っている、つまり気持ちが揺れているということです。

確信をついた質問で異性の心を揺さぶりましょう。

4.まばたきが増えるのは緊張しているから

会話中に相手の瞬きの回数が増えたら、緊張している証拠です。

人間の瞬きは通常1分間に20回程度ですから、それ以上い多い場合にはあなたに対して何か緊張する理由があるのです。

5.逃げたくなると視線をそらす

視線をそらすのは逃げたくなっている心理の表れです。

緊張をしている場合や、会話の中で何か逃げたくなる様な内容になった時には視線をそらそうとします。向き合えない理由があるのか、相手を意識するあまり緊張して逃げたくなっているのか、どちらにせよ心は動いています。

6.内向的な人は会話中視線が定まらない

素直で内向的な人は会話中に視線が定まりません。これは、恥ずかしさのあまりどこを見ればいいのかわからなくなっているのです。

シャイな性格なので、目を見て話す事に恥ずかしさを感じてしまいます。人付き合いは得意ではありませんが、根っからのいい人タイプが多いです。

7.目つきが鋭い人は実は話したがっている

目つきが鋭くて一見睨んでいる様に見える人は、実は話したい、仲良くなりたいと思っている場合が多いです。

本当は話したいけど、邪険に扱われたら嫌なので、自分からあまり話しかけることが出来なくて目つきが鋭くなってしまうんです。ちょっと怖がりな人とも言えます。

おわりに

いかがでしたか?視線のちょっとした動きで相手の心の状態を知ることが出来ます。

人付き合いも恋愛も、相手をよく見て観察すればうまくいくためのヒントが見えてくるかもしれませんね。

ライター

доставка воды белая церковь

посмотреть best-mining.com.ua

у нас