安定した生活が望める?研修医との結婚時期と研修医の収入について

医師の平均年収は1000万円といわれています。しかし、同じ医師であっても研修医は医学部卒業後に病院で研修を行なっており、世間一般にその給料は安いと言われています。

研修医を彼氏に持つ女性は、研修期間を待たなければ結婚は叶わないのでしょうか。思い切って研修医時代に結婚することのリスクは?

待っていたら適齢期を過ぎてしまう女性もいると思います。この記事では研修医の彼女が気になる研修医のお財布事情を調べました。

また、これから医師と結婚したい方には、ゼクシィ縁結びでの婚活がおすすめです。ゼクシィ縁結びは希望条件から理想の相手を検索することができるマッチングサービスです。

医師は忙しく、プライベートな時間が少ないため、出会う機会は多くありません。しかし、隙間時間に利用可能なマッチングサービス上で出会うことができます。認知度も高いゼクシィが、24時間365日会員を確認して運営しているため、安心して医師と出会うことができます。

研修医の平均年収

18歳で医学部へ入学し6年間の医学生を経て、国家試験に合格して2年間の研修医生活を終えれば晴れて一人前の医師となれるのですが、正確にはその後3年間は後期研修医として勤務します。ですから順調に行っても29歳までは研修医です。

研修医と一般に呼ばれる最初の2年間は初期研修であり、その後3年間は専門的研修ですので、実は計5年間は研修医時代を過ごします。その間の給料はだいたい年収で300万円~400万円と言われていて、同世代の会社員とあまり変りません。

年収で見ると結婚出来なくもない微妙な金額です。当人たちの考え方次第といえるでしょう。

研修医は正規雇用ではないことが多い!

新臨床研修制度では研修医の月給は30万円以上となっていますが、あくまでも基準であって規定されているわけではありません。実際には公立病院で30~40万、民間病院で50万円以上支払われています。

いい給料だと思われるかもしれませんが、研修医は正職員でない場合が多いため、社会保険や厚生年金には加入できませんし、ボーナスも出ません。福利厚生の恩恵は受けられず、自分で国保、国民年金に加入する必要があります。

待遇としては、個人事業主と同等です。ただし研修期間が終わればまた別で、正式に職員として採用されれば待遇がぐっと良くなります。

経済的にも多忙さでも研修医の結婚は大変

医者の収入は大まかに言えば、20代後半で300万、30代後半で600万、40代で1000万といったところです。年齢を重ねるごとに経験を積めますから、それに伴って収入額も増えていきます。このうち20代後半が、まさに研修医時代です。

勤続年数が10年を越えた辺りから年収が上がり始めますが、1000万円まではそれなりにかかります。世間一般の社会通念で考えると、経済的に研修医時代に結婚することは難しいかもしれません。

実際の統計でも20代から30代前半で結婚する医者は少なく、30代後半であったり遅い人は40歳を越えてからというパターンも珍しくないようです。

共働きすれば互いに支え合えるかも?

研修医の彼との年齢差がある程度あれば、研修が終わり、そこそこの給料が取れるまで結婚を待っても問題はないでしょう。しかし年齢が近いと女性の結婚年齢が上がり、出産に不安が出てきます。

彼女が彼氏を全面的に信頼して、その時期まで支えていけるのならいいですが、少しでも不安材料があるなら、かなりしんどい思いをするかもしれません。いっそ思い切って結婚して、共働きで生計を立てる手段もあります。

子供を持つことは先送りになるでしょうが、それさえ乗り越えられれば、一般的なカップルと同様の結婚観・経済感覚を持って暮らしていくことは可能でしょう。

早い結婚のメリットも

研修医は想像以上に多忙な生活を送っています。無理してこの時代に結婚しなくてもいいと考えがちですが、この時期だからこそのメリットもあります。

研修医2年目の終盤、丁度26歳前後で少し研修も落ち着いたころに結婚すると、大学病院で研修医をしている場合に限りますが、結婚式の招待客がその病院の上司や仲間達だけで済みます。

ところが研修が終了すると大学の医局に入るケースが多いですから、その後に結婚式を挙げると教授を初めとする大勢の人を招待する必要があります。規模も大きくなり費用も大幅に増えてしまいますから、経済的には早い結婚の方が得でしょう。

相手が研修医のうちに医師と出会いたい方は、ゼクシィ縁結びをぜひチェックしてみて下さい。年齢が20代後半の医師を検索し、さらに価値観の合う相手を毎日4人紹介してもらうことで、自分と気の合う医師を見つけることができます。

また、結婚に対して真剣な会員が多いため、出会ってから結婚までスムーズに進みやすいのも特徴です。

Tags

ライター

веломагазин киев

steroid-pharm.com