辰年女性の性格の特徴と恋愛傾向:相性がいい干支も紹介!

一二干支の中でも唯一の架空動物である辰の年に生まれた人は、負けず嫌いである一方、小心者であるという一面があります。一体辰年の人はどんな性格の持ち主と相性が良いのでしょうか?

今回は辰年の、自分をしっかり持っている性格、ロマンチストで積極的な面を持った恋愛傾向についてまとめてみました。辰年と他の全ての干支との相性も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

相性の良い干支がわかったら、マッチングアプリで相手を探すのが一番の近道でしょう。マッチングアプリのPairs(ペアーズ)なら、年齢が確認ができるので干支もチェックできるのがポイントです。

基本的な辰年の性格

辰年は自分をしっかり持った強気な人が多いと言われています。しかし、強気な部分とは裏腹に内面はとてもデリケートです。辰年生まれの人の基本的な性格を詳しく見てみます。

1.自信家

自信に満ち溢れて上昇志向強いのが辰年の特徴です。何か行動を起こす際には、前もって結果を予測したり、準備を入念に行います。

しかしそのせいで、自分の行動に自信を持ちすぎることがあり、周囲の意見をなかなか聞き入れない部分もあるようです。

2.リーダー気質

リーダーの資質を兼ね備え、社交的です。そのため、リーダーに選ばれる機会も多く、人から頼られることも多いでしょう。

人からの信頼も裏切らないため、恋愛に対しても情熱をもって接し、相手を傷つけるようなことはしません。

相手を喜ばせようと頑張り、求められれば求められるほど応えようとするため、燃え上がるような恋をするでしょう。

3.細かいことにこだわらない

小さなことにこだわらず、終わった事は根に持たないサッパリとした性格です。

くだらないことで揉めたり競い合ったりせず、自分の道を突き進むので周りからも頼りにされる存在であると言えるでしょう。

しかし注意点として、恋愛になると自分のことを突き進むがゆえ、周りが見えていないこともしばしばです。

4.忍耐力に欠ける

自信家な一方で忍耐力欠け、努力を怠ってしまう傾向にあります。我慢することが苦手、とも言えるでしょう。

またプライドが高いため、やや相手を見下してしまうことも。トラブルの原因となりかねないので、辰年の人は寛大な心を持つことを意識してください。

逆に、忍耐力のある人とはうまく関係を築けそうです。

5.発想力が豊か

空想の動物でもある辰は、人の想像力から作られたことから想像力が豊かな人が多いと言い伝えられています。

そのため辰年生まれは、可能性に満ち溢れていて縁起が良い干支として有名です。

話の話題も尽きないため、相手を自然と楽しませることに長けています。

6.考えるよりもまず行動

理屈っぽさを嫌い、何よりも先に行動を起こす傾向にあります。

相手をグイグイと引っ張り、リードしていないと気が済まない性格ですが、その反面サービス精神も旺盛で経験豊富です。

そのため話の内容も盛りだくさんなので、周囲を飽きさせません。

辰年の性格と血液型

辰年の性格は血液型によって変わります。A型は負けず嫌い、B型は自分をしっかり持って凜とした性格、O型は根性芯が強くAB型は静かでクール。同じ辰年でもこんなに違います。

辰年A型の性格

辰年A型の性格は負けず嫌いでプライドが高い。これらが表に出すぎているため、近寄りがたい印象を抱かせてしまいがちです。しかし、内面はとてもナイーブで優しい面も持っています。

人前では自分に厳しく、先頭に立っていかなければいけないという考えを持ちつつ、周囲のささいな変化にも気づく辰年A型の人はリーダーシップを発揮しやすいです。

厳しさや負けず嫌いなところも良いところですが、こればかりだとまわりと馴染みにくくなります。内面にある優しさをもっと前面に出すと、人付き合いがもっと良くなるはず。

辰年B型の性格

辰年B型の人は自己主張が強く、自分をしっかり持っている人が多いようです。

グループなどをまとめ上げ、引っ張るのが大好きな辰年B型は強くリーダー的存在で非の打ち所がないと思われがちですが、内面はとても繊細です。1度調子を崩すと、なかなか立ち直れず引きずってしまうところも特徴です。

調子が良いときと悪いときの波が他の人より激しいので、大きな目標をもって焦らずゆっくり行動することがおすすめ。

辰年O型の性格

誰よりも向上心が強いのが辰年O型の人の特徴。どのようにしたら自分が良くなるかを追求することが生きがいなようです。

そのため、自己主張が強すぎて周りに悪い印象を与えてしまうことも少なくありません。周りの評価より自分にこだわってい生きている辰年O型の良くも悪いところです。

しかし、管理欲が人一倍あるため内面はとてもデリケートです。周りに興味を持ち、良さをさらに引き出していけばバランス良いライフスタイルが実現できます。

辰年AB型の性格

これまで紹介したA,B,O型とは打って変わり、自分のことを表に出さないクールなタイプ。

寡黙にコツコツと目の前にあることを真面目に片付けていくのが特徴。

プレッシャーにも強く、今まで紹介したA,B,O型とはかなり異なります。自己主張もなく、デリケートでもありません。しかし、時々皮肉めいたことを言い、周囲を遠ざけがちなのでそこは気を付けましょう。

辰年の人の恋愛傾向

性格だけではなく、恋愛傾向も気になるところ。辰年生まれの人は恋愛に対してとても積極的で、ロマンチストな面を持っています。辰年女性の肉食的な部分に惚れ込む男性も少なくありません。

1.ロマンチスト

辰年の人はとてもロマンチストです。加えてモテる人が多いので、恋に不自由はないでしょう。

深い愛情の持ち主で、純粋に相手を愛し大切にしますが、根は真面目でデリケートなため、軽はずみな行動はせず自分が好きな相手にしか興味がありません。

2.エネルギッシュで積極的

優れた積極性と行動力の持ち主です。目標が見つかると、迷うことなく突き進みます。

このような性格から、恋愛でもガツガツと押しが強そうですが、気になる相手が現れてもなかなか表現するのが難しく、シャイになってまう一面も。

3.恋愛に鈍感

恋愛のことになると途端に鈍感になってしまう辰年なので、自分に好意を寄せられていても気づかないことも多いのですが、カップルになってしまえば深く相手を愛してくれるでしょう。

プレゼントやサプライズで何かをして喜ばせようと頑張ります。相手の求めることに応えようとする思いが強いので、燃えるような恋になるはずです。

他の干支との相性

辰年の基本的な性格や恋愛傾向は把握してもらえたかと思います。ここでは、他の干支との相性はどうなるのかを見ていきます。自分の干支と照らし合わせてみるとおもしろそうですね。それぞれ相性の合う干支、合わない干支があるので参考にしてみてはいかがでしょう。

子年

子年の人と良い関係を築くには、お互いが助けあうことが必要です。

また恋人が子年の場合、相性はとても良く、相手に程よく気遣いのできる関係になります。

丑年

丑年の人とは常にライバル意識があり、けんかの絶えない関係になります。

恋人が丑年の場合、丑年の人が感情の起伏の激しい辰年に対して我慢ができれば、うまくいきます。辰年の人は、丑年の人への気遣いを忘れないようにしましょう。

丑年については丑年生まれの特徴、恋愛傾向も参考にしてください。

寅年

二人が強運な干支同士なので、干渉しすぎなければ相性は良いです。近すぎず、遠すぎない関係を築きましょう。

恋人が寅年の場合、現実主義的な寅年は、辰年のロマンチストな部分に好意を持ってくれます。寅年の人が辰年の人の良さを理解し、引き出してくれるでしょう。

お互いが異なった性質を持つ干支だからこそ、うまく歯車が合うのかもしれませんね。

卯年

辰年の人は、卯年の人の二面性を許せず、あまりうまくいきません。相手への理解が必要になります。

恋人が卯年の場合、気質が全く違うのでうまくいかないことがあります。表向きの柔軟さと、裏での意志の強さを持ち合わせた卯年の人の両方の面を包み込んであげましょう。

辰年

辰年の人同士は、ライバル心が燃えてしまいあまりうまくいきませんが、協調していけば上手に付き合っていけるでしょう。

恋人が辰年の場合、あまり良い相性ではありませんが、お互いの欠点をフォローしあえる関係に発展していければうまくいくでしょう。

巳年

辰年の正直で真面目な反面、言葉足らずで勘違いされやすいというところを巳年がフォローしてくれます。

恋人が巳年の場合、辰年のあなたは自分勝手な部分を出すことなく、巳年も嫉妬深い性格を出さずに良いバランスで付き合っていくことができるでしょう。

午年

お互いに協力しあえる良い関係です。午年の人の協力が、辰年の人の力を引き出してくれるでしょう。

恋人が午年の場合、午年の人のペースに合わせると疲れてしまうので、なるべく二人が自然体でいられるように心がけることが大切です。

午年について知りたい方は午年の性格・特徴や恋愛傾向を参考にしてみてください。

未年

感情が表に出やすい辰年と、変化を好まない未年は気が合いません。お互いの短所を出さないように心がけ、性格の違いを理解できるようになりましょう。

恋人が未年の場合、性格が違うので惹かれ合うということはあまりないでしょう。相手を尊重する気持ちや、性格の違いへの理解があれば、うまくいくかもしれません。

申年

思い立ったらすぐ行動してしまう辰年と、器用な申年の特徴が重なり合うため良い相性だと言えます。

恋人が申年の場合、性格はかなり違いますが仲は良いでしょう。申年の人が辰年の人を支えてくれるので、申年の人を大切にしましょう。

申年の性格については申年生まれの性格と特徴・恋愛傾向を参考にしてみてください。

酉年

酉年とはかなり相性が良いでしょう。初めてでも意気投合できるほどの仲の良さです。

酉年が恋人の場合、自分とは違う性格の相手に惹かれるためうまくいきます。酉年の人を寛大な心で包みましょう。

酉年については酉年生まれの性格と恋愛傾向もチェックしてみましょう。

戌年

戌年との性格のズレが気になりますが、共同作業はうまくいきます。お互いの短所をフォローしあえると良いでしょう。

恋人が戌年の場合、価値観の違いですれ違うことが多いかもしれませんが、相手の意見に合わせるのが苦でなければ仲良く過ごせます。

亥年

性格は違いますが、分かり合えるもの同士なのでまずまずの相性です。亥年の人の我慢強さと辰年のポジティブな面がバランスを保ちます。

恋人が亥年の場合、長期間の付き合いは向いていないようです。しかし、相手が自分に素を見せてくれているというふうに捉えると、最初の頃との性格のギャップは気にならなくなります。

亥年についてもっと知りたいという人は亥年の性格の特徴と恋愛傾向も見てみましょう。

おわりに


辰年は相性の良い干支とはとても深い関係を築くことができる一方で、相性の合わない相手とは平行線を辿る傾向が強いようですね。

そのため相手を選ぶ際には慎重にならなければなりません。この記事を参考にすれば、どんな相手が自分に向いているのかということがわかったはず。

マッチングアプリのPairs(ペアーズ)なら、徹底された本人確認によって正しい年齢が表示されるので、干支もチェックしやすいです!

さらに、趣味や恋愛観など、細かい条件も指定して検索できるのでより自分にぴったりな相手と出会うことができます。

新しい出会いを見つけたい方は、ぜひPairsに登録してみてください。

Tags

A型 (46) B型 (112) O型 (50) 相性 (167)

ライター

подробно

читать дальше riomar.com.ua