高校生のためのディープキス講座:ディープキスする時に気をつけることは?

記事の著者:DBBS編集部

高校生になると恋人ができるという人も増えてくるでしょう。ですがまだまだ付き合うと言っても、漠然とし過ぎて何をすれば良いのか分からなかったり、軽いキスをしたりはするけどそれ以上のことはない、という人も多いはずです。

そんな中、映画やドラマで見たディープキスが気になっている人はいませんか?

今回はそんな悩める高校生カップルの為の、一つ大人の階段を昇る為のディープキス講座を開講します!大好きな彼や彼女と更に深い関係になりたいあなたには、ディープキスはぴったりです。

また、ディープキスをする時は唇のケアも大切。特に女性の唇がカサカサだと、雰囲気も崩れてしまいます。

つるつるな唇を手に入れるなら、キス専用美容液「ヌレヌレ」がおすすめ。保湿に有効な成分が含まれているため、日頃のケアに使ってみてはいかがでしょうか。

保湿しながらも、べたべたしすぎない質感になっているので、もちろん彼とのおでかけにもぴったりです。

種類も多様のため、彼の好きな香りに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

ディープキスとは

そもそも、ディープキスとは一体何なのでしょうか。

通常、キスと言われて思いつくのはお互いの唇を重ねるだけのキスですね。これは高校生カップルでもしている人が多いでしょう。しかしその上を行くディープキスとは、お互いの舌を絡めて唇だけでなく口の中まで舐めあうようなキスの事です。

よく洋画なんかでエッチなシーンに入る際に情熱的なキスがありますよね、まさしくあんな感じです。

ディープキスの仕方

ここでは、具体的にディープキスの方法を紹介していきます。

まずは普通に唇同士を重ねて普通のキスを繰り返します。その後盛り上がってきたら相手の唇の隙間から舌を入れて、お互いの舌でお互いの舌を撫で合うように絡めていきます。

そして唇が重なるタイミングで相手の口内の唾液を啜ったり、歯や歯茎など口内を舐めたりします。意外と歯が当たったりと難しいので、最初から上手に出来るとは思わない方が良いです。

ディープキスする時に気を付けたいこと

ディープキスをする時に気を付けたい事は何でしょうか?

口臭

ディープキスをするにも下準備や気を配っておかなければいけない事がいくつかありますが、まず1つめは口臭です。

高校生であればタバコも飲酒もしないので、そこまで酷い口臭になっている人はいないでしょうが、たまに胃を悪くしたり生まれつき口臭があったり、虫歯が原因で口臭が酷い人もいます。

自分の息を袋などに溜めて臭いをかいで見るなどして確認し、口臭がする場合はケアをしてからキスに挑みましょう。

また、人間の唾液はどうしても臭いものなので、相手の口の周りを舐めたりするのもNGです。

唾液

軽いキスとは異なりディープキスでは唾液が出ます。情熱的になればなるほど、口から溢れてしまい顎を伝って服にしみてしまうこともあります。

最近では高校生でもメイクをしている女子は多いですが、その場合はメイクが取れてしまう事も十分に考えられます。ですから、ディープキスをする際には相手に確認を取ってからキスに挑むのが良いでしょうね。

また、ディープキスに慣れてくると、唾液の交換を行うカップルもいるようですが、初めてのディープキスではなるべくやめましょう。

いきなり唾液を相手の口に入れて、唾液の交換をしようとすると、相手もがっつきすぎ、と引いてしまうかもしれません。

あなたも、初のディープキスで唾液を飲ませられたら良い気はしないでしょう。

ディープキスに慣れてきたら、相手の唾液を飲んだりして甘い気分になったりするようになるかもしれませんが、いきなりは難しいので徐々に挑戦してみてください。

唇のケア

これはフレンチキスの際にも重要な事ですが、キスをする際には相手が気持ちよく思ってくれるような唇であることが大切。ガサガサの唇はもってのほかです。

特に女子の唇がガサガサだと、彼氏は萎えてしまいます。ディープキスをする際には、事前にきちんと唇をケアしておきましょう。

唇をケアする際におすすめなのが、キス専用の唇の美容液。べたつくことなくプルプルの唇を手に入れることができるので、彼も喜んでくれること間違いなしです。