高校生の付き合う定義は?彼氏を作るために意識すべきこと8つ

記事の著者:Kanako

高校生で彼氏がいるのは当たり前な現代。しかし実際に彼氏ができても付き合うってどんな事をしたら良いの?キスとかセックス?と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そもそも彼氏が欲しくてもできない、彼氏を作るにはどうしたらいいか分からないという女子高生も多いはずです。

まずは付き合う定義を知って、彼氏を作るために女子が意識すべきことと、高校生で彼氏ができたらどんなことをするのかを紹介します。

高校生が思う付き合う定義


高校生が思う付き合うとは、私もしないから、他の人とはいちゃつかないでね!という、お互いを独占する軽い契約みたいなものと考えて良いでしょう。それでは高校生の付き合う定義を具体的に考えていきます。

キスできるかどうか

まずは、キスができるかどうか。これは大きな問題ではないでしょうか。彼氏にキスをねだっても拒否されたりしたら、自分のこと嫌いなのかなと、付き合ってる事に自信が持てなくなります。

キスができないのであれば、それは付き合っているとは言い難い状態です。最低でもキスはできる相手がいいです。

また、キスをしてみたくても唇に自信がなくてなかなか踏み出せない、という人もいるでしょう。そんな人には、魅力的な唇を手に入れることができる、キス専用美容液ヌレヌレがおすすめ。

ヌレヌレは、保湿成分が豊富であるのに加え、ベタベタしない質感のため、日頃のケアにも彼とのお出かけにもぴったりです。香りもいくつか用意されているため、その日の気分に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

身体接触できるかどうか

キスと同様に身体接触も重要な部分ではないでしょうか。手を繋ぐから始まって、ハグや頭撫で、身体接触ではありませんか壁ドンなんかをされたときに、お互いに楽しめる関係は付き合っていると言えると思います。

少しでもイラッとする場合はあまり触れ合うことを得意としていないか、そもそも相手をそんなに好きじゃないかのどちらかです。身体接触も付き合っているかの大切な判断要素と言えます。

毎日連絡を取りたいかどうか

会えない日々が続いた時に、少しでも会いたいなと思うかどうかも重要な基準になるでしょう。好きだから毎日連絡を取りたい、声を聞きたいと思うのです。お互いにそういう気持ちで連絡を取り合っているのであれば、付き合っていると定義して良いでしょう

彼氏に対してはどこまで許す?

高校生の付き合う定義として、キスや身体接触ができるかどうかということをあげましたが、高校生同士のカップルで正直どこまですることが普通なのか、どこまでしていいのかという悩みを持っている女子は多いと思います。

男女で思っていることが違う?

高校生の男子は女子に興味を持っていて、特に自分の彼女となるといろんなところに触れてみたいと考えている人は多いです。これは自然なことで、健全な男子高校生なら大抵の人は少しでも思っています。

みんながみんなというわけではありませんが、彼女とキスまでいったら、その先もしたいと考えている人が多いでしょう。一方で女子は、キスまでと考える傾向があります。彼氏の家に呼ばれたりした場合は、キスの先も覚悟を決めるという人もいますが、女子からキスの先へ行こうとするケースは少ないです。

しっかり話し合って決めるべき

そのカップルによって、キスから先のことをするかどうかはそれぞれです。最近では高校生だからまだ早いという理由でしないというカップルは少なくなってきています。

彼氏がしたいと言ってきたら、女子は流れや雰囲気に流されずよく考えて、相手に気持ちを伝えるべきです。

したくないのであれば、その意志をしっかり伝える必要がありますし、もししてもいいと思うのであればその意志も伝えましょう。

ただし高校生は未成年で、まだひとりで責任を負える歳ではないので避妊はしっかりする必要があります。

そのような常識やマナーを踏まえたうえで、お互い楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

高校生は好き以外の理由で付き合う?


リクナビ進学ジャーナルが行ったによると、「好きという理由以外で付き合った」人が51%いました。

好き同士でラブラブに付き合っている高校生が多いイメージですが、現状はそうでないカップルが過半数いるようです。では高校生が好きという気持ち以外で付き合う時、一体どんな理由があるでしょうか。

友達に自慢したい

高校生は自己顕示欲に溢れている時期ですから、友達に羨ましいと思われたいが為に年上と付き合ったり、応援団長やブロックリーダー、人気部活の部長やメンバーと付き合う事だってあるでしょう。

自慢したいという気持ちは分かりますが、好きでもない相手と恋愛をするのはなかなか大変です。

ステータス

高校生にとって彼氏がいることはステータスで、彼氏がいないと言いたくないが為に、好きではない相手とも付き合う人も中にはいるようです。そこから本当に好きになれば良いですが、好きになれずにステータスだけの為に付き合う場合には、大きなストレスがある事もそれなりに覚悟しておきましょう。

何かその人に興味があったから

恋愛的に好きかどうかは良く分からないけれど、何故か雰囲気に惹かれたり、頭から離れない人っていますよね。何故自分の頭から離れないのだろうという疑問を解明する為、好奇心から付き合い始める人もいます。

しかし付き合うとなるとキスも身体接触もなかなか避けられない事態になりますから、そういう行為が平気かどうか先に考えてから付き合う事をおすすめします。

女子高生が彼氏を作る方法

青春真っ只中で何をするのも刺激的で楽しい、そんな高校時代に素敵な彼氏がいたなら、高校生活が何倍にも楽しくなるはずです。そんな女子高校生たちが彼氏を作るための方法と、その時に気をつけておきたい注意点をいくつか紹介していきます。

身だしなみに気をつける

女子高校生が彼氏を作るためには、まず身だしなみには気をつけておかなければいけません。高校生の男子というのは、女子に対して興味津々な年頃なので、女子の身だしなみも細かくチェックしています。

髪型や制服の着こなしであったり、あるいは言葉遣いにも気をつけておきましょう。また、長い爪や厚めのファンデーションなどは、かえって印象を悪くする可能性があります。適度なおしゃれを目指しましょう。

また、脱毛をするのもおすすめです。脱毛が完了したツルツルな肌は、清潔感を感じさせるでしょう。高校生で脱毛を始めるなら、お手頃価格で施術を受けることができる銀座カラーがおすすめ。常にさまざまなキャンペーンを行っているので、お得にツルツル肌を実現することができます。

無料カウンセリングも行っているので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

挨拶をして、積極的に声をかける

高校生の男子というのは、まだ女性に対してあまり免疫ができていないウブな状態なので、女子から声を掛けられるだけでも相当嬉しいものです。まずは挨拶から始めましょう。朝や帰りなど、1日の中で挨拶をするタイミングはたくさんあります。

そのタイミングを逃さず笑顔で明るく挨拶をすれば、相手も挨拶を返してくれるはずです。またおはようなどの挨拶だけではなく、ありがとうやお疲れ様などの言葉も笑顔で伝えられると、より印象が良くなります。

普段から明るくみんなに気軽に声を掛けられる女子というのは、男子からの好感度も高くなります。

気になっている男子にはもう少しプライベートな話題をするのも効果的です。

いつも笑顔でいる

挨拶をするときや友達と話をしているときなどにいつも笑顔の人は、とても好感度が高いです。自分の話を楽しく聞いてくれていると思うと、男女ともに嬉しくなります。

決して無理をする必要はありませんが、少し意識をしてみてください。

笑顔でいる事によって、自然と笑顔が身に付くものなので、特に気になっている人には積極的に笑顔で話しかけてみましょう。

距離を縮められるかもしれません。

グループで仲良くなる

女子高校生が彼氏を作るためには、気になっている男子のグループと仲良くなっておくという方法もあります。気になっている男子のグループと仲良くしておくことで、好きな男子と付き合うための協力を色々とサポートしてくれるかもしれません。

そして、その男子グループから好きな男子の情報をもらうこともできたりします。

好きな男子の趣味に合わせる

女子高校生が彼氏を作るための方法として、好きな男子の趣味に合わせてみるというのも効果的です。気になっている男子の好きな音楽であったり映画などを教えてもらい、それを観たり聴いたりします。

そして気になっている男子とその事について話す事ができれば、一気に距離を縮める事ができるチャンスになります。

連絡先を聞く

ある程度仲良くなると、連絡先を知らないままではなかなか先に進めません。できれば直接本人に聞けると一番良いですが、恥ずかしくてなかなかできないときは、友達に協力してもらいましょう。

一緒に聞きに行ったり、遊ぶ計画を立てたりするなど、チャンスを自分から作る事が大切です。

連絡先を聞いた後はこまめな連絡が大事なので、毎日1回は連絡するようにして仲を深めていきましょう。

デートに誘ってみる

なかなかハードルが高いかもしれませんけど、思い切ってデートに誘ってみるという方法もあります。最近の男子というのは、恋愛に対して積極的でなかったりするので、女子から誘われるのを意外に待っていることもしばしば。

デートするといってもあまり構えずに、公園へ行って二人きりで話をするだけでも十分に楽しむことができますし、学校以外で会うといつもと違った印象を受けるかもしれません。

告白はシンプルに直接会って

最終的な告白は、直接会って伝える事が大切です。また、あまり回りくどい言い方をすると、相手に結局何が言いたかったのか伝わらないことがあるので、ストレートに好きだということ、そしてお付き合いしてほしい事ことを伝えましょう。

男性は自分の事を好きな女性を好きになることが多いと言われています。一度お断りされたとしてもチャンスは残されているので、気を抜かずに振る舞いましょう。