セックスはベッドor布団?それぞれのメリット・デメリットを紹介

付き合っている彼氏を初めて自宅に招いたあの日。親も出かけていて絶好のチャンスと思ったものの、せっかくの初体験が布団だから誘いにくかった。そんな経験、ありませんか?

布団よりベッドの方がオシャレな感じがするから、エッチするならやはりベッド派という方が多いと思いますが、実際は、布団が好きという人も意外に多いようです。

今回はセックスをする時は布団がいいのか、ベッドがいいのか、双方のメリット・デメリットについて紹介していきます。

ベッドでセックスする人の意見

現代において、一人暮らしではベッドの利用が一般的です。当然ベッドでセックスする機会が多いのですが、どのような特徴があるのでしょうか。

ベッドのきしむ音がうるさい

セックスでのベッド利用派で一番意見がおおいのが「ベッドのきしむ音がうるさい」というもの。特に一人暮らしの家だと、防音性にも問題があり、声は我慢できても、ベッドのきしむ音を制御することはなかなか難しいです。

対策としては、安いベッドは使わないほうがいいでしょう。ネジや木材などの立て付けが悪いと音がなりやすいです。またフレームがあるベッドも邪魔です。キング・クイーンのサイズであれば、スペースも気になりませんが、一人用のベッドだと、そこで2人でセックスをするには狭く、身体を痛めてしまう危険性があります。

ベッドのほうが雰囲気を作りやすい

年中床に敷いてある万年床だと、セックスの雰囲気もいささかなくなります。その点、ベッドは日常生活のスペースと睡眠のスペースを区別してくれるアイテムとしては効果的と言えるでしょう。

ベッドに横になることで、しっかりと寝る雰囲気を作れます。これが布団だと、横になっているのか寝たいのか分からず雰囲気が作りにくいです。

布団でセックスする人の意見

ベッドではなく、あえて布団でセックスをするメリットはあるのでしょうか。

布団のほうが独特の雰囲気を楽しめる

機能的な問題ではないですが、布団の方が興奮する、というケースもあるでしょう。

例えば彼氏との楽しい旅行中。和風の旅館ならやっぱり布団がマッチしますし、女性が浴衣や着物でだと、やはり布団のほうが雰囲気はでます。

音が響きにくい

布団はフローリングや畳の上にダイレクトに敷くので、軋みません。

実家に彼氏を招いてセックス…というときに、自分の部屋が2階にあり、1階が家族がいるリビングだと、ベッドの場合は軋む音が家族に伝わってしまいます。

スローセックスを楽しむならベッドでもいいですが、激しく楽しみたい時は布団でするか、家族がいない時に楽しみましょう。

ダイレクトな感触を楽しめる

布団はスプリングがないので、反動がほとんどありません。正常位でも女性の体が揺れないので、突くエネルギーがダイレクトに届きやすいという利点があります。

しかしベッドの場合、動きに大してある反動を利用するのが快感、という人もいるのも事実。どちらが気持ちいい、とは一概には言えません。

怪我をしない

セックスの最中に怪我をするのはたいていベッド。夢中になりすぎて落ちてしまったりした経験、ありませんか?

また、クッションが強いので弾みすぎて、壁にぶつかったりすることもあるようです。

ムードに欠ける

セックスする時はやっぱりムードが大事。部屋に恋人を招いて、いい雰囲気になったとしましょう。

その際セックスするために、わざわざ布団を出してきて敷いたのでは、ムードがありません。それどころか、盛り上がったムードが、一気に白けてしまいますね。セックスする時はお互いが求め合い、自然の成り行きで始まるもの。

布団をわざわざ敷くくらいなら、畳の上でした方がまだマシかも?とはいえ、それでは背中やヒザが痛くなるので、初めからセットされているベッドの方が、雰囲気づくりには軍配があがりそうです。

布団がずれる

下がフローリングの場合に限りますが、動くたびに布団が移動してしまい、セックスどころではなくなってしまいます。布団やマットレスに、ズレ防止のシールなどを貼っておけば軽減できるかもしれません。

狭く感じる

一人暮らしの部屋に彼・彼女を招いてセックスをしたとします。布団の場合、終わった後のピロ―トークやまったりムードも楽しみたいもの。そんな時、布団だとちょっと狭くないでしょうか。布団を二つ敷くっていうのも雰囲気がいまいち。ゆったりするなら、セミダブル以上のベッドが理想かもしれません。

身体が痛くなる

布団でセックスをする場合、女性は背中が痛くなる、男性はひざが痛くなる、などの難点があります。もちろん下にマットレスなどを敷くなど、対応すれば回避できます。

まとめ:一番いいのはマットレス!?

ベッド・布団でセックスをするメリット・デメリットを紹介しました。どちらがいいかは個人の趣向にもよりますが、ケースバイケースで、それぞれの楽しみ方がありますが、ベッドと布団、両方のいいところを併せ持ったのがマットレスです。きしまず、そこそこの厚さがあるので、身体が痛くなったりずれたりしません。

若い方は「セックスする時は絶対にベッドがいい!」という方も多いかと思いますが、歳を重ねるごとに布団でのセックスの良さが分かってくる人が多いのも事実です。

セックスはムードが大事。いいムードを保ちつつ、情熱的なセックスをするのにおすすめなのがベッド専用香水「リビドーロゼ」。an・anなどの女性誌でも紹介されたことのあるこの香水は、累計35万個も売れている大ヒットラブコスメ。彼とのセックスがマンネリ化している・彼からの誘いが少ないなどでお悩みの女性は、この商品をベッドや布団にふりかけることで、男性の性衝動を引き起こすことが可能です。

Tags

ライター

доставка воды в Киеве

link